タダリスの効果・服用・副作用について

图11
タダリスとは
タダリスとは、インドのアジャンタ・ファーマ社によって開発されたED治療薬シアリスのジェネリック医薬品です。正式な名前はタダリスSXです。タダリスはシアリスと同じな成分タダラフィルを含んでいます。また、市販のシアリスは5mg、10mg、20mgという三種類の規格がありますが、タダリスは10mgと20mgという二種類の規格があり、最もよく見られている規格はタダリス20mgです。タダリスの効果や安全性が期待でき、価格も安いですから、世界で圧倒的な人気があります。

タダリスの効果
タダリスの効果と言えば、タダリスに含まれているタダラフィル成分は勃起を抑制するPDE-5酵素の作用を阻止する効果があります。それで、陰茎への血液の流れを増加させて、勃起促進、勃起持続及び勃起力の向上に優れた効果があります。

タダリスの効果の持続時間について、タダラフィルには水に溶けにくいという性質があり、体内へ吸収されるのに時間が掛かってしまうのですから、効果の持続時間はシアリスと同じ、かなり長いです。例えば、10mgの場合、24時間〜30時間で、20mgなら、30時間〜36時間に達することができます。注意すべきなのはタダリスが媚薬のような作用はありませんから、効果の持続時間は従来のED治療薬よりもっと長い間に性的刺激を受けて、正常な勃起を誘発することができるという意味をさします。

タダリスの服用方法
タダリスの服用方法について、タダリスの有効成分タダラフィルは水に溶けにくい特徴があり、タダリスを服用してから効果が現れてくるまですごく時間がかかりますから、それで、一般的に性行為の3時間前に服用します。服用量なら、一回1錠で、個人差により、服用後、効果が出るまで30分~4時間と様々で、また、タダリスの持続時間は36時間に至ることもありますから、次の服用は36時間以後にされたほうがいいと思われています。

他には、タダリスはバイアグラとレビトラと違って、効果は食事に影響されにくいです。それでも、最大限の効果を得るために、空腹時の服用はおすすめです。特に、タダリスを利用している間、油分の多い食事、また過剰なアルコールの摂取を避けたほうがいいと認められています。

タダリスの服用注意
タダリスの副作用は頭痛、めまい、鼻づまり、ほてり、動悸、胸焼け、胃のむかつきや下痢などの症状があります。タダリスの服用注意を重視すると、ひどい副作用が現れてくることが少ないですから、予めに知っておいたほうがいいと考えられています。

まずは、タダリスの用法と用量を厳しく守ってください。次はタダリスの併用禁忌薬はニトログリセリンなどの硝酸剤ですが、注意してください。

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス通販など豊富な情報

★即効性が高く食事の影響を受け難いED治療薬
レビトラ販売